FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食の増加は本当に肥満増加の要因なのか?

外食と肥満の関係に関する研究の多くは、家庭内食より外食の方がカロリー摂取量が
高くなる点に注目し、外食の増加と肥満増加を結び付けている。しかしこの点だけでは、
外食のせいで肥満が増えたかどうか明らかではない。例えば、外食で摂りすぎたカロリーを
他の食事量を減らして相殺すれば、一日の総カロリー摂取量は変わらず、肥満にもならない。

また、外食の増加と肥満増加の相関は、単に消費者の嗜好の変化が要因かもしれない。
つまり、肥満は消費者が自分の嗜好に従った結果にすぎず、外食産業は消費者の嗜好(ある
いは需要)の変化に応えているだけかもしれない。もし消費者の嗜好の変化が原因なら、
肥満防止目的で外食産業を規制しても、消費者は外食以外の方法を選ぶだけで
総カロリー摂取量への影響は小さいだろう。

今回の論文は、このような疑問への一つの回答を導き出している。

“Are Restaurants Really Supersizing America?”
Michael L. Anderson and David A. Matsa
2011. American Economic Journal: Applied Economics 3(1): 152-188
おすすめ度:
★★★★★ [星五つ] 肥満関係の研究者へ 
★★★★☆ [星四つ] 農経関係の方へ
★★☆☆☆ [星二つ] その他の方々へ

まずはシンプルな消費者モデルを使って、「合理的な個人がレストランでカロリーを
摂りすぎた場合、別の食事でのカロリー摂取量を減らす」可能性を示している。
つまり、肥満になるかどうかは外食とは関係ないかもしれない。
また、消費者の高カロリー嗜好によって外食と肥満の相関を説明できることを示している。

実証では、消費者の体型が、レストランまでの移動時間を考慮に入れた「レストランの実効価格」
にどう影響されるかを検証している。米国のBehavior Risk Factor Surveillance Systemと
US Census ZIP Code Business Patternsのデータを使い、サンプルを州間高速道路周辺
の田舎に絞っている(551のZIPコード地域に住む13,470名)。それら田舎におけるレストランの
供給は、州間高速道路の利用者数に依存し、地元の需要とはほぼ無関係に決まる。
つまり、有意な内生性は存在しないと考えられる。より詳しくは、元論文をみて欲しい。 

主な結果は、
 ・ 州間高速道路の周辺エリアとすこし離れたエリアの間で、レストランの利用率には
   有意な差があるが、肥満率に有意な差はない。
 ・ 内生性をコントロールした重回帰分析(TS2SLS)でも、レストランの実効価格と
   肥満の間に有意な因果関係はみられなかった。
 ・ ファーストフード・レストランだけに注目しても、因果関係はみられなかった。
 ・ USDAデータを使い、一食事あたりのカロリー摂取量でみた場合、家庭内食より
   外食の方が平均で238kcal~338kcal高い。しかし、一日あたりのカロリー摂取量で
   みると、外食することの影響はたった+35kcalしかない。 
これら結果は、外食と肥満の因果関係に疑問を呈するとともに、消費者の嗜好の変化による
肥満増加の可能性を示唆している。そのため、レストランなど特定のソースを規制しても、
別のソースからのカロリー摂取が増えるだけで、肥満対策としては役に立たないかもしれない。

実証分析の設定がシンプルでかなりうまい。頑健性チェックの構成なども参考になった。
スポンサーサイト

歴史と公共サービスの質の間係@北部インド

今回は、インドの自然実験論文だ。この論文は、英国植民地時代の地租制度の違いが、
現在の公共サービスの質の違いに影響していることを実証している。キモは、既存の研究より
よりミクロなレベル(gram panchayats (GP)レベル [GP = 2-3村])で自然実験を
用いている点だ。

"Service Delivery and Corruption in Public Service: How Does History Matter?"
Priyanka Pandey
2010. American Economic Journal: Applied Economics, 2(July): 190-204
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] 開発経済関係者へ 
★★★☆☆ [星三つ] 自然実験が気になるへ
★☆☆☆☆ [星一つ] その他の方々へ

北部インドでは、1775年から1859年の間に、英国植民地政府により異なる2種類の地租制度が
導入された。地主ベース(地主が地租の査定+取り立てをし、政府に納入する)と村ベース
(村が土地を共有し、村の連帯責任で政府に納入する)の2種類だ。地租制度の選択は多分に
英国側の政治的事情によるもので、インド側にとっては外生的に決められた。
この論文は、このような歴史的背景を自然実験に利用している。

サンプルは、ウッタル・プラデーシュ(Uttar Pradesh)州の26県(District)に属する130GPで、
植民地時代の地租制度が地主ベースだったGP(地主地租GP)と村ベースだったGP(村地租GP)
に分けられる。このデータから、村地租GPに比べて、地主地租GPにおける現在の公共サー
ビスの質が平均的に悪いことがわかる。この相関は、地主地租GPでは社会的・政治的権力が
エリート層に集中してきためと考えられる。より厳密に因果関係を実証するために、
地租制度ダミー変数(地主地租GP=1)を説明変数に含めた重回帰分析を行っている。
被説明変数は、村ガバナンスの質の測度(村ミーティングの回数など)と公立小学校の質
の測度(教師の勤務状況、小学4年生のテスト結果など)だ。

主な結果は、
 • 地主地租GPでは、村地租GPに比べ、村ガバナンスの質が低い。例えば、過去6ヶ月間の
   村ミーティングの数が17%少ない。
 • 地主地租GPでは、村地租GPに比べ、公立小学校の質が低い。例えば、教師の出勤率
   が18%低い、小学4年生のテストの点数が21%低い、校費の横領が多い、など。
これら結果は、公共サービスへの依存度が低いエリート層が権力を握り続けたためと考えられる。
このような歴史的制度の影響をどうやって打ち破るかは、今後重要な研究課題になってくるだろう。

ネタも実験の設定も面白いと思うのだが、推計値の解釈の仕方がよくわからなかった。
どうやって%変化を計算しているのだろう?対数関数でもなさそうだし、被説明変数の
平均値で割ってるのかなぁ…。それならそれで、それら平均値を載せて欲しい。

健全な食生活を推進するために:カロリー情報 vs. 注文しやすさ

最近、メニューに摂取カロリーを併記するレストランが増えている。
ダイエットやメタボ対策のためのカロリーコントロールに役立ててもらうためだ。
しかし、「実際に効果があるの?」と疑問に思う方も少なくないだろう。
そんな方におすすめなのが、今回の論文だ。

この論文のキモは、「カロリー情報の提供(Information approach)」と
「注文しやすさの操作(Asymmetric paternalistic approach)」といった異なる二つの
アプローチの総摂取カロリー量への影響を、フィールド実験を用いて検証している点だ。

“Promoting Healthy Choices: Information versus Convenience”
Jessica Wisdom, Julie S. Downs, and George Loewensten
2010. American Economic Journal: Applied Economics, 2(2): 164-178.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] 健全な食生活を推進したい研究者へ 
★★★★☆ [星四つ] 農業経済学関係者へ
★★☆☆☆ [星二つ] その他の方々へ

実験には、サンドイッチ店に来店した客638名(肥満率41%!)が参加している。
被験者は、デザインの異なるメニューからサンドイッチを注文する。
メニューのデザインは以下の3点の組み合わせで決まり、全部で12種類ある。
  1. 一日の推奨摂取カロリー量の表示: 有・無
  2. 各メニューのカロリー量の表示: 有・無
  3. 注文しやすさの操作: (a)・(b)・無
    (a)お勧めメニューとして、5つのサンドイッチをメニューの表紙に載せる。残りの
      サンドイッチは、折りたたまれたメニューの内側に載せる。また、メニューは
      紙シールで封がされており、内側を見るには封を切る必要がある。
    (b)お勧めメニューとして、5つのサンドイッチをメニューの表紙に載せる。残りの
      サンドイッチは、2ページ目に載せる。また、表紙のメニューの注文はボックスを
      チェックするだけだが、2ページ目のメニューを注文する際はメニュー名を
      記入する必要がある。
サンドイッチを注文した後に、飲み物と添え料理(チップスやフルーツなど)も注文できる。
飲み物と添え料理のメニューは同一で、カロリー量が表示されている。

主な結果は、
  ・1と2の表示により、平均総摂取カロリーがそれぞれ37.8kcalと60.7kcal減った。
   1と2の相乗効果はみられず、効果は加法的だった。 
  ・3(a)の操作により、平均総摂取カロリーが76.7kcal減った。
  ・3(b)の操作では、サンドイッチからの摂取カロリーは減ったが、飲み物や添え料理
   からの摂取カロリーが増えて、総摂取カロリーは減らなかった。
  ・1や2の効果は、正しい情報を伝えたため(Information effect)ではなく、
   摂取カロリーへの注意を喚起したため(Salience effect)かもしれない。
  ・肥満者の総摂取カロリーへの効果はみられなかった。
これら結果は、カロリー情報や注文しやすさがメニューの選択に影響しうることを示している。
同時に、非肥満者に比べ肥満者への効果は小さく、肥満対策としての効果は小さい。

ありそうでなかった論文で、注文しやすさの操作の仕方など、色々と興味深かった。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。