スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:政策研の新たな試み

10月22日(木)に、農林水産政策研究所で「国際農業経済学会の最前線」というセミナーがある。
仰々しいタイトルだが、要は、日本農経(特に若手)の国際的活動を応援するための企画だろう。
ただ、こういう企画はいままでなかったし、とても面白い試みだと思う。

このセミナーは、国際農業経済学会ミラノ大会で報告を行った若手(?)研究者が、
同じ内容をを改めて日本語で報告するという、日本人にやさしい企画だ。
詳細はこちら。無料だが、申し込みが必要。
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2015/20151022.html

特に、大学院生にはお勧めだ。
「ICAEで報告する論文って、こんな感じか」というのがわかると思う。
そして、ぜひ次回のバンクーバー大会に参加してほしい。
スポンサーサイト

研究小話:論文の改訂も再開

ICAEに行く直前くらいに論文の改訂依頼(R&R)があったのだが、
エディタのレターだけ読んで(査読コメントは全く読まずに)放置していた。
でも、さすがにそろそろまずいので、論文の改訂に取り掛かることにした。

それにしても、数か月間放置した査読コメントを読み始める時の苦痛が半端ない…。
エディタのレターは好意的なのだが、査読コメントはまぁまぁの量がある。
完全に休止した後に動き始めるのは、本当にしんどい。
しかし、実際に読んでみると何とかなりそうなレベルなので、少しは気が楽になった。

実は、この論文にはかなり苦労していて、一向に気が乗らないのだ。
特に、前回のケースがひどかった。2年かけて3回改訂して、
査読者3人中2人が「採択」なのに最後の1人がゴネ続け、エディタから
「私はこの論文は採択レベルだと思うし、最後の査読者の反応には驚いているが、
1人でも不採択なら採択できない」という理由で不採択になった。
いやいや、そこはせめてサード・オピニオンを聞こうよ。
エディタとしての資質をかなり疑ってしまった。

この件には続きがあって、現在R&R中の雑誌の査読者の1人が前回の査読者らしく、
「なぜこの論文が、この雑誌に提出されているの?私は別の雑誌に採択を薦めて、
すでにその雑誌から出版されたと思っていたのに」とあった。
てことは、あのエディタは自分の決定を査読者にも伝えていなかったのか?
同じ出版社のエディタ・システムを使っていたので知っているのだが、
採択・不採択の最終決定をすると、あえて「送らない」を選ばない限り、
デフォルトで査読者達にお礼+結果通知のメールを送るようになっている。
査読者に通知できないような決定するなよ…。

研究小話:ICAE 2015に行きたいのだが・・・

先週、ICAEの結果が戻ってきた。口頭発表1本とシンポ発表2本が全て採用でありがたい結果だったのだが、シンポ2つの時間が被りそうなんだよなぁ。友人から誘われるままにシンポで発表すると言ってしまったのだが、どちらか断らないとダメかもなぁ。

また、運営委員から「口頭発表が2本以上採用されているので、1本は共著者に発表させるか、ポスター発表にしてくれないか?」というメールも来た。結局はシステムの誤解だったようで問題なかったのだが、今考えてみるとシンポ発表のことを言っていたのかもしれない。

あとは、学会と出張の費用をどこから引っ張ってくるかだなぁ。ホテル代と飛行機代は思っていたほど高くなく、ブラジルの時よりはましだが、7日間フルで参加するとなると結構高くなる。自腹はできるだけ避けたいんだよなぁ・・・。あと、フィレンツェとローマ行きたい・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。