スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国では男女比がより不均衡になると貯蓄率が増える?[加筆あり]

中国における男女比不均衡は、「喪われた女性たち(Missing Women)」を筆頭に、
その原因や影響が多くの論文で議論されている。
今回は、そんな論文の中でも変わりダネを紹介したい。
一般の人にも比較的わかりやすく、個人的にはお勧めの論文だ。

男女比不均衡というと、倫理や医療・健康といった文脈で議論されることが多い。
そんな中、この論文ではごく自然に経済的影響につなげているのが面白い。
肝は、結婚市場を論理に組み込むことで、男女比と貯蓄率の因果関係を示したところだ。  

“The Competitive Saving Motive: Evidence from Rising Sex Ratios and Savings Rates in China”
Shang-Jin Wei and Xiobo Zhang
NBER Working Paper Series. 2009. Working Paper 15093.
[Uprated: 2011. Journal of Political Economy, v119(3): 511-564.]
おすすめ度:
★★★★★ [星五つ]  中国研究関係者へ
★★★★☆ [星四つ]  開発経済学関係者へ
★★★★☆ [星四つ]  その他の方々へ
 
ここ20年の中国における急激な貯蓄率の増加は、既存の論理(ライフ・サイクル理論、所得の
不確実性に伴う予備的貯蓄、金融部門の未発達、文化的規範)では部分的にしか説明できない。
そこで、この論文では以下の仮説を検証している。

「男女比がより不均衡になると、男性が結婚するのがより難しくなる。
そのため、未婚の息子がいる世帯(or 未婚男性世帯)は、結婚市場での息子の(or 自分の)
競争力をあげるために貯蓄を増やす。結婚するために婿側が住宅などを用意することで、
これら世帯の貯蓄率の増加は住宅価格などを通してその他の世帯の貯蓄率にも影響する。」

実証には、省レベルのパネルデータと世帯レベルのクロスセクションデータを使っている。
省レベルの分析では、男女比の内生性に対して、省の固定効果(fixed effects)に加え、
地域間で異なる「一人っ子政策の罰金」を操作変数として使っている。
世帯レベルの分析では内生性に対してはほぼ無策だが、結婚式の時期、住宅価格、
銀行預金などより詳細なデータを使って仮説を検証している。
主な結果は、他の条件が同じならば、
   1. 未婚者の男女比が1.05から1.14に増えることで(1990-2007の実際の増加値)、
       国全体の貯蓄率は6.7%ポイント増加する。
   2. 6.7%ポイントというのは、中国における実際の貯蓄率増加値の48%にもなる。
   3. 都市部に比べ、農村部の方が男女比の貯蓄率への影響が大きい。
このような貯蓄率の上昇は、世界的な長期金利の低下や、中国における住宅バブルの
一因になりうる。つまり、男女比不均衡という人口的な歪みが、結婚市場+貯蓄率を通して、
中国経済や世界経済の歪みにつながることを示したわけだ。

とにかく、目の付け所が面白い。内生性への対策がやや甘いが、
結構いいジャーナルに掲載されてもおかしくない論文だと思う。

加筆しました:主な結果がなぜ重要かわからないというクレームが(妻から)ついたので、結果のあとに3行ほど加筆しました。(2010-02-02)
スポンサーサイト

文化大革命と親心と世帯内資源配分

最近もっともツボにはまった論文を紹介したい。

文化大革命期に行われた上山下郷運動をご存知だろうか? 
都市部の中学卒業生を辺境の農村に送り徴農した下放政策だ。
主点だけ大雑把に説明すると、この政策の対象となる子供がいる世帯は、
対象者を最低一人、農村へ下放しなくてはならなかった。
別の言い方をすると、対象となる子供が二人以上いる世帯では、一人さえ下放させれば、
「誰を下放するか」や「他の子も下放させるかどうか」は親が決めれた。

今回の論文は、このような状況下での親心を絶妙に理論モデル化して実証している。
肝は、「罪悪感(Guilt)」という経済学では新しい概念を、親の意志決定過程に
組み込んだところだ。

“Altruism, Favoritism, and Guilt in the Allocation of Family Resources: Sophie’s Choice in Mao’s Mass Send-Down Movement”
Hongbin Li, Mark Rosenzweig, and Junsen Zhang
Journal of Political Economy. 2010. v118(1): forthcoming.
おすすめ度:
★★★★★ [星五つ]  開発経済学関係者へ
★★★★★ [星五つ]  中国研究関係者へ
★★★☆☆ [星三つ]  その他の方々へ

まずは理論的に、親一人子供二人の世帯モデルを用いて、「利他主義(Altruism)」や
「えこひいき(Favoritism)」といった既存の枠組みと「罪悪感」の違いを明らかにしている。
実証では、双子のデータを使って、内生性(Endogeneity)への対策もばっちりだ。そして、
三つの要素(子供の所得稼得能力、下放された期間の長さ、親から子供への結婚祝いの額)
の関係が一卵性双生児の間でどう異なるかを推定することで、以下の三点を明らかにした。
  他の条件が同じならば、
   1.所得稼得能力のより低い子が下放されやすかった。
   2.所得稼得能力のより低い子に、より多く資源配分する傾向がある(利他主義)。
   3.より長く下放した子供に、より多く資源配分する傾向がある(罪悪感)。
要するに、「罪悪感」が親の意志決定過程で重要な役割を果たしうることを実証したわけだ。

主点ではないが、ラボ実験やフィールド実験で「行動に影響するほど強い罪悪感」を
被験者に感じさせるのは難しい、という議論も興味深かった。

歴史絡みの論文が好きな同僚のおかげで、私もその魅力にハマってしまった。
そしてこの論文は、まさに彼の研究と私の研究の中間領域なのだ。
いつか、彼と一緒にこんな論文を書けたらいいなぁ。
しかし、さすがにJPEは…、まぁ、みなまで言うまい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。