スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活小話:息子の学校@香港

ここ数ヶ月、息子の小学校探しでかなり時間を取られている。
香港最大手のインターナショナルスクールである英国系学校のシステムが、
日本とはかなり異なっており面食らっている。

日本だと息子の小学校入学は2年後の四月だ。
しかし、英国系学校の入学は今年の九月になる。
英語ではPrimary Schoolで、和訳すると小学校だが、実情はかなり異なる。

そして、日本ではまだ幼稚園の年少さんの息子が、インターナショナルスクールに
入るために英語の入試面接を受けなければならない(親は同伴しない)。
ちなみに我が家はバリバリの日本語家庭だ。
さらに、一年生(日本での年中さん)から北京語の授業がはじまる学校も少なくない。
そのため香港では、幼稚園の年少さんから子供にかなり勉強させる家庭も多い。
しかし「それは違うだろう」と妻と二人でヤキモキしているわけだ。
 
大学の雑務も増えているので、早く何とかしたいところだ。
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。