スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:選択はあなた次第-伝統的な学術誌でも論文単位でオープンアクセスに

これまで、自分の論文がオープンアクセスになるかどうかは、
どの学術誌に論文が掲載されるかで決まっていた。
そして、伝統的な学術誌のほとんどはオープンアクセスではない。
そのため、ほとんどの研究者(特に若手)にとってオープンアクセスは
縁遠い選択肢だった。

しかし、これからは著者の選択次第で、伝統的な学術誌に掲載された論文でも、
論文単位でオープンアクセスにできるらしい。

“The Choice is Yours – Open Access Options at Elsevier”

エルゼビアの学術誌に論文が受理された時点で申し込めば、
論文一本あたりUS$3,000(税やカラーページの追加料金を除く)で
自分の論文だけオープンアクセスにできるらしい。
決して安くはないが、予想していたよりは安かった。
まぁまぁ良心的な額ではないだろうか。

ちなみに、2010年にオープンアクセス論文を掲載した学術誌のリスト(リンク)も載っていた。

恐らく、先日取り上げた問題への一つの回答なのだと思う。
個人的には、なかなか面白い提案だと思う。
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。