スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日4杯超コーヒーを飲むと死亡リスクが高まる?

タイトルのような新聞記事を読んだ。
また出たよ、この手の研究…と思い元論文をチェックしてみた。
結論から言うと、私ならデスク・リジェクトするレベルの論文だ。

“Association of Coffee Consumption with All-Cause and Cardiovascular Disease Mortality”

Junxiu Liu and et al.
2013. Mayo Clinic Proceedings, v88, n10

コーヒー消費量と死亡率の相関の推定には、Cox proportional hazards regression modelを使っている。一応、以下の要素もコントロールしている:年齢、検査した年、ディカフェ・コーヒーの消費、普通のお茶の消費、ディカフェやハーブ茶の消費、運動不足、体格指数、 喫煙の有無、酒類の消費、糖尿病、高血圧、高コレステロール、家族の心疾患履歴。  

また、論文中でも常に「相関」と言っており、「因果関係」については言及していない。新聞記事でも「こうした数字から「コーヒーが早死にを招く」と結論付けることはできない。「強いストレスを抱えた人がコーヒーを毎日10杯も飲み続けて死亡したというような場合は、コーヒーのせいでなくストレスが原因と考えられる」と、同博士は説明する。」と、良識的に聞こえる。 

ただ、本当に良識があるなら、論文の結論で“On the basis of these findings, it seems appropriate to suggest that younger people avoid heavy coffee consumption (ie, averaging >4 cups per day).”って書くなよ…。新聞記者に言っていることと、書いていることに整合性がない。

加えて、まず最初に疑うべきは所得レベルや職業の影響だろう。居住環境や人種なども考慮すべきだと思う。「喫煙の有無、酒類の消費、糖尿病、高血圧、高コレステロール」などをコントロールしているのだから、ストレスの影響は結構考慮されている気がするのだが。

それにしても、これでパブリッシュできるのか…。有名な研究者たちなのかなぁ?Mayoのイメージが急激に下がった。  
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。