スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学小話:リクルートの季節

またリクルートの季節がやってきた。
先々週から続々とジョブ候補生たちがキャンパス・ビジットしている。
今年は選考委員をまぬがれたが、それでもジョブトークに出席したり(1.5時間)、
昼食を一緒したり(1.5時間)、候補生と個別に会ったり(0.5時間)、
と色々と忙しい。まだ授業が始まっていないのが救いだ。

選考委員になってしまうと、書類審査、面接、そして夕食が加わる。
特に(個人的に)面倒なのが、夕食だ。面接で話して、昼食で話して、
そして夕食だ。初対面の人と、そんなに話すことないよ…。
候補生が率先して話してくれればいいが、無口な人だと困ってしまう。
こちらからあまりプライベートな質問をするのも気が引けるし。
他の委員が話し上手ならまだいいが、候補生に加えて他の委員も
無口だと耐え難い雰囲気になってしまう(一度だけ経験あり)。

まぁ、一つの質問に長々と10分以上も答え続けるような人
(答えになっていないことが多い)よりは、多少無口なほうが、
まだ委員の心象がいいかもしれない…。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。