スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:差読者を育てる

良質な差読者(Reviewer)の確保は学術誌にとって死活問題だ。
また、学会系学術誌は学会の顔でもある。そのため、差読者の育成を怠ることは、
学術誌の衰退を招き、延いては学会全体の衰退につながりかねない。

しかし、日本もしくはアジアの農経では、(欧米のそれなりの大学院に比べ)差読者を育てる
という意識が低い(もしくはほとんどない)気がする。そこで、日本の農経関係者(特に
大学教員や学会誌関係者)に、以下の記事を紹介してみたい。エルゼビア(Elsevier)に
よる差読者育成のための取り組みがまとめてある。

A Helping Hand for Early Career Reviewers

国内誌を活性化するという意味でも、国内での差読者育成は重要だと思われる。
迅速で良質な査読を実現できれば、おのずと投稿数も増え、良い論文が集まってくると
思うのだが…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。