スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:シアトルかイグアスか、というか論文間に合うのか…

来年度のAAEAはシアトル、IAAEはイグアス。どちらとも魅力的な開催地だ。
ただ一年後にテニュア審査を控えているので、審査関連を優先的に考慮する必要がある。
例えば、外部審査レターを依頼できそうな研究者がその学会に出席しそうか?などだ。

また一番の悩みは、このままだとIAAE論文が11月までに間に合いそうにない事だ。
今セメは、初めて学部1年生向けのコースを教えている。
そして私の現状では、このコースで良い授業評価を得ることのほうが
IAAEで発表するより、テニュア審査にとって重要なのだ。
つまり、学部何年だろうが院だろうが、いい授業できますよ!ということを証明する必要がある。
できたからといってプラスにはならないが、できないとかなりマイナスになるのだ。 

一方、AAEAなら要旨も間に合いそうだし、レターを頼めそうな研究者が来る可能性も高い。
また、審査側にとってIAAEもAAEAも大差ないだろう。

ちなみに、ブラジル人の教員にイグアスまでのお勧めの航路を訪ねてみた。
どちら回りでも時間はあまり変わらないのだが、パリ経由が比較的安いと勧められた。
観光を楽しむなら、香港―パリ-リオ-イグアスだろうと。
聞くべきではなかったなぁ、悩ましすぎる。両方…は、やっぱ(体が)きついなぁ。

P.S., これまで適当にグアスと発音していたが、そのブラジル人には通じず、
彼はイー と、アクセントはスで伸ばしていた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。