スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家の気候変動への適応と食料保障への影響@エチオピア

AJAEのv.92 n.2はProceedingsだったので飛ばして、
v.92 n.3から2本ほど選んで紹介したい。
一本目はエチオピア農家の気候変動適応技術の採用とその効果に関する論文だ。

サブサハラ・アフリカでは、既にかなり厳しい気候(気温が高く雨が少ない)なのに、
今後さらに気温が上がると予測されている。そして、この地域で主流の天水農業は
そんな気候変動の影響をもろに受けてしまう。このままでは、わずかな気温上昇(1-2度)
でも何十%という収量減につながりかねず、深刻な食糧不足に陥る可能性があるのだ。

一方、これまでの気候変動に関する研究は、上記のような気候変動の影響に
注目した研究が多く、気候変動適応技術の普及やその効果に関する研究はまだ少ない。
そのため、この論文では、農家が気候変動適応技術(品種変更、水・土壌の保全など)
の採用を決める要因と、それら技術の採用による生産性への影響を検証している。

この論文のキモは、(技術採用は生産性を向上すると仮定して)技術採用の問題だけ
を分析するのではなく、技術採用の生産性への実際の効果にまで踏み込んで
実証した点にある(と思う)。

“Does Adaptation to Climate Change Provide Food Security? A Micro-Perspective from Ethiopia”
Slvatore Di Falco, Marcella Veronesi, and Mahmud Yesuf
2011. American Journal of Agricultural Economics, 93(3): 829-846.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] 開発+気候変動問題の研究者へ
★★★☆☆ [星三つ] アフリカ系の農経研究者へ
★☆☆☆☆ [星一つ] その他の方々へ

調査は2005年にエチオピアのNile Basinの農家1,000戸に対して実施された。
この調査では主に「農家の気候変動への認識、理解、そして対策」に関するデータを
集めたらしい。推定には、技術採用の内生性と農家の異質性を考慮に入れた
同時方程式モデルを使っている。

主な結果は
 ・農家が気候変動適応技術の採用を決める要因は、借り入れ、普及事業(エクステンション)、
  そして技術情報へのアクセス。
 ・最近の気候状況は、技術採用の決定に影響しない。一方、肥沃な土地を持つ農家は、
  他の農家に比べ、適応技術を採用する確率が低い。
 ・技術採用の内生性を無視した場合(OLSの結果では)、適応技術採用の生産性への
  有意な効果はみられない。
 ・しかし、技術採用の内生性と農家の異質性を考慮したモデルを使うと、
  適応技術採用の生産性向上への有意な効果がみられた。
 ・適応技術採用による生産性向上の効果は、既に適応技術を採用している農家より、
  まだ適応技術を採用していない農家のほうが大きいかもしれない。

結論として、気候変動適応技術の普及は全農家の食料保障の改善に貢献でき、
更なる普及が望まれる。そのためには、借り入れや普及事業(特に技術情報)への
アクセスを改善する必要がある。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。