スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活小話:ついにデンマークが脂肪税を導入!(肥満率と総コレステロールの世界ランキング)

ニュースや新聞でご存知の方も多いと思うが、ついにデンマークが脂肪税を導入した!
脂肪税というとすぐに肥満と関連付けてしまうのだが、デンマークの肥満問題が
いまいちピンとこなかったので、世界保健機構(WHO)のデータを調べてみた。

2008年時点でデンマークの肥満率は48.4%[BMI>=25]もしくは16.2%[BMI>=30]
(189か国中116位)、総コレステロールが高い人[5.0mmol/L以上]の割合が
65.2%(189か国中5位)だった。ランキングから察するに、デンマークにとっては
肥満よりもコレステロールの方がより深刻な問題なようだ。
課税対象もバターやチーズなどのコレステロール含有量の高い食品だし。

気をつけたいのが、肥満とコレステロールはあまり関係ない点だ。
そのため、ニュースでとりあげられている反論のいくつかはコレステロール対策と
肥満や他の健康対策とを混同した的外れなものになっている。
たとえば、「塩、砂糖、炭水化物の方が健康に有害だ」という指摘を見たが、
これは的外れかもしれない。一般論としてはOKなのだが、統計から見るに
デンマークにとっての優先問題は悪玉コレステロールなのだ。
そして、塩、砂糖、炭水化物はコレステロールとは無関係だ。

一方、最終目標が平均寿命を延ばすことなら、脂肪税は(個人的には)
あまり効果がないと思う。悪玉コレステロールは下がるかもしれないが、
問題が他の健康問題(高血糖とか)に移り、平均寿命自体は改善されない気がする。

ちなみに、(少なくとも日本語の)ネット上では、肥満率やコレステロールに関する
統計情報がいまいちで、結局WHOのデータから表をつくるはめになった。
せっかくなので、下に表を添付しておいた。 

表 肥満率と総コレステロールの世界ランキング(189カ国 アルファベット順)
[画像をクリックすると大きくなります。]
ページ1[アフガニスタン(Afghanistan) - コンゴ(Congo)]
ページ1
ページ2[クック諸島(Cook Island) - ジャマイカ(Jamaica)]
ページ2
ページ3[日本(Japan) - パラグアイ(Paraguay)]
ページ3
ページ4[ペルー(Peru) - ウクライナ(Ukraine)]
ページ4
ページ5[アラブ首長国連邦(United Arab Emirates) - ジンバブエ(Zimbabwe)]
ページ5

原資料: WHO, Global Health Observatory Data Repositoty [10/05/2011]。
出所:原資料をもとに「かろうじて農経」が作成。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。