スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学小話:食料の心理学と生物学と政治経済

ちょっと古いが、農学部や教養の授業に使えそうなビデオを紹介したい。
イェール大学の公開授業だ。

The Psychology, Biology and Politics of Food
Kelly Brownell
2008. Open Yale Courses

1コマ75分で23コマある。講師は心理学者だ。
経済学ではないのだが、社会科学という意味で使える内容が多い。
全部はみていないのだが、もっと行動経済学や政策分析と絡めれば、
より面白くできそうな気がする。 

実はこのビデオの存在はある学生から教えてもらった。
その学生はこのビデオがきっかけで私の研究に興味を持ってくれたらしい。
ビデオは心理学部の授業なのだが、確かに方向性は近いなぁ・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。