スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外からの動機づけで個人の行動は変えられるのか?

J. Econ Perspectからもう一本。特に学部生にお勧めのサーベイ論文だ。

世の中には、(物理的には可能なのだが)なかなか変えられない個人の行動が結構ある。
例えば、もっと勉強してほしい、タバコをやめたい、もっと運動してほしいなどだ。
この論文は、外から与えられた動機づけ(外的動機づけ)によって個人の行動が
どれだけ変わるかについて概観している。キモは、外的動機づけと自ら進んで行う動機づけ
(内的動機づけ)の関係を使って、外的動機づけの長所と短所をわかりやすく説明している点だ。

“When and Why Incentives (Don’t) Work to Modify Behavior”
Uri Gneezy, Stephen Meier and Pedro Rey-Biel
2011. Journal of Economic Perspectives, 25(4): 191-210.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] ミクロ経済系の学部生にお勧め 
★★☆☆☆ [星二つ] その他の方へ 

この論文は、外的動機づけのなかでも金銭的動機づけに焦点を当てている。
教育、奉仕活動、生活習慣に関する応用事例をレビューしながら、金銭的動機づけが
効果的な場合、効果がない場合、むしろ逆効果な場合などについてまとめている。

農経ネタ(農家行動や普及事業など)でも応用できるフレームワークなので、
農経関係者にもお勧めだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。