スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活小話:「議事録を書く」から、論文要約の書き方を学ぶ

もっと伝わる文章を書けるようになりたくて、
山田ズーニーの「伝わる・揺さぶる文章を書く」を読んでみた。
そして、「議事録を書く」の実践ポイントは、
論文要約を書く上で役立ちそうだなぁ、と変に感心してしまった。
例えば、下記のアウトライン:

アウトライン(注:“.”内は、本より引用。)
 1. “議題を「問い」の形にして頭に大きくはっきり書く。”
 2. これまでの流れ
 3. 今回の問い
 4. “その問いをどんな手順・方法で検討したか?(中略) 優先順位を決めて、
    大きなものから3つ程度書けばいい。細かいことはいらない。
    優先順位をつけるのが仕事だ。”
 5. 今後の課題  

これまでなにげなく論文を要約してきたが、
こうやって明確に文章化されると良い指針になる。 
アウトライン自体は、学会のプレゼンなどでも使えそうだ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生活小話:「議事録を書く」から、論文要約の書き方を学ぶ】

もっと伝わる文章を書けるようになりたくて、山田ズーニーの「伝わる・揺さぶる文章を書く」を読んでみた。そして、「議事録を書く」の実践ポイントは、論文要約を書く上で

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。