スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活小話:肩車

肩車は、子供に「父親の頼もしさ」を示す最も重要な行為の一つだと信じている。

先日、某有名テーマパークに家族と一緒に行ったとき、
昼のパレードを見ている間、ずっと息子を肩車しなくてはならなかった。
こんなに長く誰かを肩車したのは、生まれて始めてだ。
息子の体重は私の四分の一くらいだが、かなりキツかった…。
ギリギリなんとかなったが、筋肉が痛いを通りこして熱くなってしまった。

そんなこともあり、今後のために体力強化しないとなぁ…と本気で考え始めた。
目標は、息子を30分間肩車しても笑顔でいられるくらいの体力(筋力?)。
下の子もいるから、今後最低5年はそのような体力を維持したい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。