スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業保護政策の「価格支持」と「直接支払い」を比較する際の落とし穴

大雑把に言うと、農業保護政策における「価格支持」とは、
特定の農産物の国内価格を一定の水準に押し上げる政策のことだ。
一方、「直接支払い」とは、特定の農家の所得を一定の水準に押し上げる政策のことだ。

完全競争市場下では「価格支持」よりも「直接支払い」の方が望ましいとされている。
理由は少なくとも2つある。第一に、「直接支払い」は市場に介入しないが、
「価格支持」は市場に直接介入するため市場原理を歪める原因になる
(WTO体制化では重要な問題)。第二に、「価格支持」は消費者負担なので
貧しい者も裕福な者も同程度に負担することになるが、「直接支払い」は
財政負担のため(累進課税制度により)裕福な者がより多く負担することになる。
そのため、社会福祉の面でも「直接支払い」のほうが望ましい。 

今回の論文は、農産物市場が完全競争という仮定を疑問視し、
これまでの「価格支持」と「直接支払い」の比較研究に一石を投じている。
キモは、売り手寡占や買い手寡占の市場では、完全競争市場の場合と比べ、
「直接支払い」の社会福祉に関する利点がかなり限定的になることを理論的に証明した点だ。 

“Agricultural Support Policies in Imperfectly Competitive Markets: Why Market Power Matters in Policy Design”
Carlo Russo, Rachel Goodhue, and Richard Secton
2011, American Journal of Agricultural Economics, 93(5): 1328-1340.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] 農業保護政策の研究者へ 
★☆☆☆☆ [星一つ] その他の方へ 

この論文では、価格支持として最低価格保証(Price Floors)、直接支払いとして
不足払い(Deficiency Payments)に注目している。理論モデルはスルーして、
とりあえず、主な結論だけ以下に記しておく。
・ 不完全競争下では、デカップリング(つまり「価格支持」から「直接支払い」への
  農政改革)は必ずしも社会福祉を改善しない。
・ 下流部門が寡占化している場合、 従来の保護政策でも組み合わせ次第では、
  保護政策なしの場合よりも、社会福祉が高くなりうる。 
・ 最低価格保証制度と比べ、不足払い制度の方が必ず効率的というわけではない。 
・ 不足払い制度下では、農家が受け取るべき政策的利益の一部を仲介業者が
  受け取ることで、農家を十分保護するための負担(納税者負担)が増える可能性がある。
専門外のトピックなのであまり穿ったコメントはできないのだが、少なくとも、
完全競争市場を仮定して導き出された政策的含意には注意する必要がありそうだ。

気になる結果だったので、とりあえず紹介してみた。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【農業保護政策の「価格支持」と「直接支払い」を比較する際の落とし穴】

大雑把に言うと、農業保護政策における「価格支持」とは、特定の農産物の国内価格を一定の水準に押し上げる政策のことだ。一方、「直接支払い」とは、特定の農家の所得を一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。