スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活小話:アジアの旧暦の新年

先週末は、中国暦(太陰暦の一種)の正月だった。
中国では春節と呼ばれている(注:いろいろと別名あり)。
そして、英語では長い間Chinese New Yearと呼ばれてきた。

しかし、春節を祝う国は中国だけではない!
と韓国やベトナムなどからクレームが付き、
2008年から正式にはAsian Lunar New Yearと呼ぶことになったらしい。

一時期「Asian New Year」としたらしいが、旧暦を使っていない日本やタイから
クレームが付き、「Lunar」が必須になった。また、「Lunar New Year」だけだと、
中国暦ではない太陰暦(イスラム暦など)と混乱するので、「Asian」も必須になった。
太陰暦で使われる「月の満ち欠けの周期」は地球上どこでも同じだが、
閏月の取り扱いが国・地域によって異なるらしい。

ちなみに、ブッシュ前大統領はChinese New Yearと言っていたが、
オバマ大統領はAsian Lunar New Year と言っていた。

P.S., 旧暦の正月を旧正月と呼ぶのは日本だけだ。また、厳密には旧正月は和暦の正月で、
中国暦の正月とは時期が異なるらしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。