スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:OFAC制裁のアカデミックへの影響

エディターをやっている学術誌の出版社から、米国のイランへの制裁に関するメールが送られてきた。  

The Office of Foreign Assets Control (OFAC)制裁により、米国のエディター、出版社、査読者は、イラン政府に雇用されている人の学術論文に関わることが禁止されたらしい。イランの大学や研究機関のみに所属している人はOKらしいが、政府機関と提携している人はダメらしい。責任者や筆頭著者だけでなく、単なる共著者でもダメらしい。イラン籍の著者が一人でもいたら、政府機関との提携をチェックしろと書かれていた。うちにも確か、イラン関係の論文があったような気がするんだよなぁ。面倒くさい…。ご丁寧に、OFAC制裁によるリジェクト・メールの雛形まで送ってくれた。

なんだかなぁ…。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。