スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:要チェックのデータセット

先日、Albert Parkのセミナーがあった。彼のセミナーに関しては後日改めて報告するとして。
とりいそぎ、彼に教えてもらった、新しい中国の健康調査データについてお知らせしたい。
研究目的なら、パブリックに利用可能なデータだ。

China Health and Retirement Longitudinal Study (CHARLS)
PI: Yaohui Zhao; Co-PI: Justin Yifu Lin, John Strauss, Albert Park

現在、2008年に浙江省と甘粛省で実施されたパイロット調査のデータが入手可能だ。
2011年からは2年に一度の頻度でナショナル・パネル調査を行う予定らしい。

これまで、パブリックに利用可能な中国の健康調査データというと、
ほぼChina Health and Nutrition Survey(CHNS)だけだった。
しかし、CHNSは栄養科学や公衆衛生に重点をおいた調査で、
経済学の分析に用いるには色々と限界があった。

一方、CHARLSは錚々たる面子の開発経済学者たちが中心になってデザインされた
パネル調査だ。要チェックなことは間違いない。

ちなみに、PIとCo-PIは異なるが、日本と韓国でも同様の健康調査が著名な経済学者たちに
よって実施されているらしい(確認していないので実名はふせておく)。
各国でサンプル・デザインが少し異なるが、質問表は多国間比較ができるように
デザインされており、これらの調査データもパブリックに利用可能になる予定と聞いた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。