スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学小話:講義中の私語

1年制の修士プログラム向けのコースでの話だ。
はじめは、よく私語する学生が45人中5、6人いた。
しかし、毎回のように「質問あるの? 質問ないなら、講義中に話さないで。」などと
繰り返し注意してきたかいもあって、約1名を除いて講義中に私語する学生はいなくなった。

その残り1名は、10週目を過ぎてもいまだにヘラヘラと(←ここポイント)私語をする。
毎回、念のために「質問あるの?」と聞いても、質問があったためしがない。
いい加減、腹が立ってきて、

「修士は義務教育じゃないんだから、自分で選んで(修士に)来てるんだろ。
これ以上私語を続けるなら、クラスから蹴り出すぞ。」

と言ってしまった。怒鳴ったりはしていないが、見るからに私は怒っていた。
本当は、もっとひどい事を言いそうになったが、そこは理性で抑えた。

日本の感覚だと大したことないように思うかもしれないが、
中国では「他人の面前で個人を叱る」のはタブーなのだ。
どちらに非があるかは問題ではなく、そういう文化なのだ。
まぁ、やってしまったことは仕方がない。
次からはもっとスマートに退室させよう。

P.S. ちなみに、学部は別として、大学院コースで私語が問題になるのは
うちの大学では稀なケースだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。