スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知能力とリスク回避性と我慢強さ

これまでの経済モデルは、リスク回避性や我慢強さは認知能力とは無関係に決まる
と仮定している。今回の論文は、この仮定の妥当性をフィールド・ラボ実験を用いて
検証している。大学生対象の実験では認知能力の分布が偏るので、
より現実に近い標本を使って実験しているのがミソだ。

“Are Risk Aversion and Impatience Related to Cognitive Ability?”
Thomas Dohmen, Armin Falk, David Huffman, and Uwe Sunde
2010, American Economic Review 100(3): 1238-1260.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] フィールド・ラボ実験好きな方へ
★★★☆☆ [星三つ]  認知能力好きな方へ
★☆☆☆☆ [星一つ]  その他の方々へ

著者らは、2005年のGerman Socio-Economic Panelの参加者(17歳以上)をランダムに
実験に招待し、参加に同意した1,012名が実験に参加している。認知能力の計測には、
広く使われているWechsler Adult Intelligence Scale (WAIS)に似た、11モジュール
からなるテストを用いている。リスク回避性は実際に賞金がもらえるくじ引きを使って、
辛抱強さは賞金の受取りを今日か一年後か選ばせることで測っている。
例によって、実験の詳細はAERサイトで入手できる。

主な結果は、
 ・ 認知能力の高い人は、より進んでリスクをとり、より辛抱強い傾向がある。
 ・ 認知能力とリスク回避性の相関は、サンプル全体で有意だが、
   女性と若年層の間で比較的弱い。
 ・ 性別、年齢、その他の社会・経済的な要素をコントロールしても、
   認知能力との相関は有意に保たれた。
このような相関は、「チョイス・ブラケッティング理論(Theory of Choice Bracketing)」や
「感情と認知の相互作用」によって説明できるかもしれない。例えば、認知能力が低い者は、
より狭い選択肢しか考慮しないため、よりリスク回避的で近視眼的になるかもしれない。

また、このような相関から以下のような示唆を導き出せる。(1)認知能力を測るテストの結果を、
計測しにくいリスク回避性や我慢強さの代理の尺度として使い、雇用や保険の契約内容に
反映できるかもしれない。(2)これら相関は、認知能力の影響を推計する上で(誘導型にしろ
構造推定にしろ)、推定値の偏りの原因になる。(3)認知能力の差から生じる経済的不平等が、
リスク回避性と我慢強さとの相関のために、さらに悪化する可能性がある。

ネタ自体はマニアックだが、そこから広範な問題について示唆が得られるのが面白い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リスク認知について

はじめまして。原発事故後、リスクのとらえ方について、人によって大きく違うことがわかりました。
いまだに不安をあおる方や、ゼロリスク主義の方が福島の人たちを悩ませております。
福医大の副学長となった山下先生も、震災直後のリスク・コミュニケーションには失敗したと言っておられますが、1年になるのにいまだこういう風潮が衰えない現況を打破するのには、どうすればよいのでしょうか。

ネットで出会う人ならばスル―すればいいのですが、友人がそういう考えに支配されている場合、どう対処すればよいのでしょう。リスク認知ということが書いてありましたので、教えていただければ幸いです。女性や若年層のところが、ちょっとよくわからないので、解説いただければうれしいです。

Re: リスク認知について

残念ながら、この論文からKさんのケースに役立ちそうな情報を得るのは難しいと思われます。まず、この論文でいう「リスク」とは「金銭的リスク」(もしくは日常的リスク)のことで、原発関係の生命にかかわるような(非日常的?)リスクに応用できるかは疑問です。加えて、この論文では「リスクへの態度」を分析しただけで、「どうやってリスクへの態度を変えるか?」などについては議論されてません。Kさんのケースには、経済学よりは心理学のほうが役立つかもしれません。 
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。