スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学小話:新学期と歓迎会と本土からの留学生

今日から新学期だ。もう講義がはじまるのか…。最近は会議+修論指導のおかげで
研究が全然進んでいないのに…。

また9月は新歓期でもある。今日も学部主催で新修士1年生(資金援助なし)の歓迎会があった。
資金援助なしの修士プログラムはここ数年拡大し続け、今年は総勢90名近くに達した。
そのため、他のプログラムとは別に歓迎会を開くことになったのだ。

歓迎会に参加して改めて思ったが、中国本土からの留学生が多い。
60-70%は本土からの留学生だ。うちの学費は香港では最安値レベルで(決して安くはないが)、
修了後に香港で働けることを考えれば、けっこう妥当な選択かもしれない。ちなみに、
資金援助付きの新修士1年生は全員留学生(一人を除き本土からの学生)になってしまった。
最低一人は香港人を入れるようにお達しがあったはずだけど…。
いいのかなぁ…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。