スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学小話:香港の新しい奨学金制度

香港政府は去年から、HK PhD Fellowship Scheme という新しい奨学金制度を始めた。
世界中から優秀な学生を香港の大学に呼び込むための新制度で、世界中どの国からでも
申し込める。毎月HK$20,000(約US$2,560)の奨学金が3年間支給される。
最近の円高は異常なので、米ドル換算の方が実際の購買力をより正確に表している。
あえて日本円の感覚で言うと実質月30万円くらいか。
加えて、毎年HK$10,000(約US$1,280)のトラベル・グラントが2年目と3年目に支給される。
初年度の受給者は全体で32名だけだったが、今後5年間でさらに枠を増やしていくらしい。

日本の感覚でもPhDの学生(注:ポスドクじゃない)に月30万円の奨学金はかなりいい条件だし、
中国本土や他のアジア諸国からの学生にとっての価値はいわずもがなだ。
そのため、それらアジア諸国から申請してくる学生が急増している。
そして、申請者の第一選考は応募された学部に丸投げだ…。雑事が増えそうだなぁ…。

日本人の学生にはあまりメリットがない制度だが、
中華圏からの学生にはメリットの大きい制度だと思う。
香港でPhD取得して中国本土や台湾で研究職を得る学生は結構多い。
今年も、うちの学部のPhD候補生が、復旦大学経済学部から准教授のオファーをもらっている。
もし身近に中華圏からの留学生がいたら、この奨学金制度のことを教えてあげて欲しい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。