スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食の増加は本当に肥満増加の要因なのか?

外食と肥満の関係に関する研究の多くは、家庭内食より外食の方がカロリー摂取量が
高くなる点に注目し、外食の増加と肥満増加を結び付けている。しかしこの点だけでは、
外食のせいで肥満が増えたかどうか明らかではない。例えば、外食で摂りすぎたカロリーを
他の食事量を減らして相殺すれば、一日の総カロリー摂取量は変わらず、肥満にもならない。

また、外食の増加と肥満増加の相関は、単に消費者の嗜好の変化が要因かもしれない。
つまり、肥満は消費者が自分の嗜好に従った結果にすぎず、外食産業は消費者の嗜好(ある
いは需要)の変化に応えているだけかもしれない。もし消費者の嗜好の変化が原因なら、
肥満防止目的で外食産業を規制しても、消費者は外食以外の方法を選ぶだけで
総カロリー摂取量への影響は小さいだろう。

今回の論文は、このような疑問への一つの回答を導き出している。

“Are Restaurants Really Supersizing America?”
Michael L. Anderson and David A. Matsa
2011. American Economic Journal: Applied Economics 3(1): 152-188
おすすめ度:
★★★★★ [星五つ] 肥満関係の研究者へ 
★★★★☆ [星四つ] 農経関係の方へ
★★☆☆☆ [星二つ] その他の方々へ

まずはシンプルな消費者モデルを使って、「合理的な個人がレストランでカロリーを
摂りすぎた場合、別の食事でのカロリー摂取量を減らす」可能性を示している。
つまり、肥満になるかどうかは外食とは関係ないかもしれない。
また、消費者の高カロリー嗜好によって外食と肥満の相関を説明できることを示している。

実証では、消費者の体型が、レストランまでの移動時間を考慮に入れた「レストランの実効価格」
にどう影響されるかを検証している。米国のBehavior Risk Factor Surveillance Systemと
US Census ZIP Code Business Patternsのデータを使い、サンプルを州間高速道路周辺
の田舎に絞っている(551のZIPコード地域に住む13,470名)。それら田舎におけるレストランの
供給は、州間高速道路の利用者数に依存し、地元の需要とはほぼ無関係に決まる。
つまり、有意な内生性は存在しないと考えられる。より詳しくは、元論文をみて欲しい。 

主な結果は、
 ・ 州間高速道路の周辺エリアとすこし離れたエリアの間で、レストランの利用率には
   有意な差があるが、肥満率に有意な差はない。
 ・ 内生性をコントロールした重回帰分析(TS2SLS)でも、レストランの実効価格と
   肥満の間に有意な因果関係はみられなかった。
 ・ ファーストフード・レストランだけに注目しても、因果関係はみられなかった。
 ・ USDAデータを使い、一食事あたりのカロリー摂取量でみた場合、家庭内食より
   外食の方が平均で238kcal~338kcal高い。しかし、一日あたりのカロリー摂取量で
   みると、外食することの影響はたった+35kcalしかない。 
これら結果は、外食と肥満の因果関係に疑問を呈するとともに、消費者の嗜好の変化による
肥満増加の可能性を示唆している。そのため、レストランなど特定のソースを規制しても、
別のソースからのカロリー摂取が増えるだけで、肥満対策としては役に立たないかもしれない。

実証分析の設定がシンプルでかなりうまい。頑健性チェックの構成なども参考になった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。