スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:エディトリアル・システムのトレーニング

先日、新エディタ向けのエディトリアル・システムのトレーニングがあった。
ネットと電話を使ったトレーニングだ。かなり多機能なシステムで、
概観の説明を一方的に聞いているだけで約一時間かかった。
このトレーニングとは別に、Eメールされたリンク先でより細かい機能の
チュートリアルをやることを薦められた。

少し気になった機能では、原稿内の参考文献(References)から自動的に
原典までのリンクを貼ってくれる機能がある。原典がネット上で参照できる場合にのみ
有効な機能だ。多分、ガイドラインにある参考文献の書式に従わないと、こういう機能で
エラーがでるんだろうなぁ…。一貫した書式さえ使えば(もしくは情報が正確なら)、
書式の種類は何でも良いと考える人も多いかもしれない(例えば、私…)。
しかし、エディタの利便性に直結するので、できるかぎりガイドラインの書式に
従った方がいいだろう。ちなみに、査読者はこの機能を(いまのところ)使えないと思う。

他にも、様々な条件で査読者候補を検索してくれる機能、雛形付きのレター機能、
システム内のデータを使ったレポート作成機能、などもあり色々と勉強になった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。