スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョブマーケットペーパーを読む 2010年度

今年度も、私が面白いと思ったJMPをいくつか紹介したい。
まずは、文句なしにトップレベルのJMPを二本。

“Intrahousehold Preference Heterogeneity, Commitment, and Strategic Savings: Theory and Evidence from Kenya”
Simone G. Schaner (MIT)
おすすめ度:★★★★★ [星五つ]  開発経済学(特に家計内資源配分)関係者へ

“Efficient Provision of Experience Goods: Evidence from Antidepressant Choice”
Michael J. Dickstein (Harvard)
おすすめ度:★★★★★ [星五つ]  医療経済学関係者へ (開発経済でも応用できるかも)

両論文とも、しっかりした理論モデルに基づいた実証分析だ。
ネタはSchanerの方が気になるのだが、論文全体のバランスはDicksteinの方が好みだ。
というか、Schanerのネタは、私が申請中のグラント・プロポーザルのネタと
一部かぶってる+より厳密で、ちょっとあせった。まぁ、参考にさせてもらおう。
このネタやってる人って、私が知っているより多いんだなぁ…。
まぁ、世帯内資源配分ネタならPreference Heterogeneityに発展させるのが妥当だよなぁ。

これら論文とは別に、

“What Would We Eat if We Knew More: The Implications of a Large-Scale Change in Nutrition Labeling”
Jason Abaluck (MIT)
おすすめ度:★★★★★ [星五つ]  農業経済学関係者へ

も気になった。かなり農経っぽいネタなのだが、シカゴ大学からフライアウトをもらっている。
このネタでシカゴに呼ばれるのはすごいことだと思う。シカゴに呼ばれるだけあって、
分析はかなりヘビーだ。

P.S., ちなみに、今年のスターは文句なしでGlen Weyl (Harvard)のようだ。
JMPのタイトルもシャレてて魅力的だ。ただ、トピック的に私の食指が動かなかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。