スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究小話:プロとアマチュアの違い by 奥山清行さん

昼食時に、奥山清行さんという、エンツォ・フェラーリという車をデザインした人の
インタビュー記事を読んだ。イタリア人以外ではじめてフェラーリをデザインした人物だ。
彼の一言が琴線に触れたので、以下に記しておく。

「プロとアマチュアの違いというのは、人生のうちで1度訪れるか訪れないか分からない15分のために準備をするのがプロ、準備をしないのがアマチュアということに尽きる」 奥山清行 

これだけでは何のことやら分からないと思うので、以下に背景部分を引用する。

“(エンツォ・フェラーリの)スケッチは15分で描きました。普段15分でなんかスケッチは描かないんです。しかし、2年間すったもんだしてきて、なかなかいいものができず、フェラーリの会長からこの日にOKをもらわなかったら、もうこのプロジェクトはキャンセルになるという時のことでした。会長が帰りがけにヘリコプターのエンジンをかけて、「15分やるから絵を描いてこい」とおっしゃったので、スタジオに戻って15分、会長がサンドイッチを食べている間に描いたのがこのスケッチなんです。
  実は僕はそれまでに提案していたエンツォ・フェラーリのデザインは好きではなかったんです。いろんな人が入ってきて、いろんなことを言ってきたので、「良くないなあ」と思っていました。そこで、もし選ばれなかった時のために2~3枚用意していたうちの1枚を取り出して、15分で赤い色を塗って、帰りかけていたフェラーリのモンテゼーモロ会長に見せたのがこの絵だったんです。ですから、「人生というのは15分のためにどれだけ準備できるかだな」と思っているのです。” [注:丸カッコ内は、私が付け加えました。]


ということで、あまりうまく説明できないのだが、
研究者人生にも通じるものがあるなぁと感じ入った次第だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。