スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲食店でのカロリー表示と客の反応と店の利益

三月の間に紹介できなかった論文たちを、せめて簡略なコメントだけでも付けて紹介したい。
ちなみに、あとで(私が)検索しやすいように、各論文を個別のエントリで紹介していく。

まずは、New York City(NYC)にあるスターバックスでカロリー表示の実験を行った論文だ。
スタバでのカロリー表示が、客の注文にどのように影響するかを分析している。
レストランでのカロリー表示を義務化すべきかどうかの議論に一石を投ずる論文だ。

“Calorie Posting in Chain Restaurants”
Bryan Bollinger, Phillip Leslie, and Alan Sorensen
2011. American Economic Journal: Economic Policy 3(February): 91-128.
おすすめ度:
★★★★☆ [星四つ] カロリー表示の効果が気になる方へ 
★★★★☆ [星四つ] 農経関係の方へ
★★☆☆☆ [星二つ] その他の方々へ 

主な結果は、カロリー表示によって、客の総カロリー摂取量が平均で約6%減った
(247Kcalから232Kcal)。この減少は、主に食品からのカロリー(マフィンなど)への効果
(平均で14%減)によるもので、飲料からのカロリー(コーヒーなど)への効果は小さかった。
この効果は、カロリー表示を始めてから10ヶ月後の調査終了まで、ずっと継続した。

平均して、カロリー表示による店の利益への有意な影響はみられなかった。
一方、100m以内にドンキン・ドーナツがあるスターバックスでは、
カロリー表示により店の売り上げが平均で3%増えた。

結論として、飲食店でのカロリー表示はカロリー摂取量を減らす効果が期待でき、
導入コストも低いので、義務化してもいいのではないか。ただ、この論文は
(1)カロリー表示義務化の根拠である肥満への直接的影響を測っていない、
(2)スターバックスだけでしか調査していない、
などの制限があり、それらを加味して結果を解釈する必要がある。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

sshimo

回り道して日本に戻って来た研究者。もろ農経だと需要がないので、かろうじて農経でがんばっています。

詳細は、「はじめに」を参照してください。

カテゴリ
EJ (1)
JPE (2)
全ての記事の一覧

記事タイトルの一覧を表示する

過去のアーカイブ
かろうじて農経なアンテナ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。